第39回日本障害者歯科学会総会および学術大会in倉敷 第2回アジア障害者歯科学会(AADOH)併催

Web配信による動画発表 発表データ作成・提出

発表データ登録期間

2022年10月5日(水)正午 ~ 10月26日(水)まで

※登録期間中は、何度でも修正登録が可能です。登録期間を過ぎると、登録・修正は出来ません。

※締切り当日はアクセスが集中し、登録に時間を要する可能性が考えられますので、余裕を持って登録を行ってください。特に容量が大きいデータをアップロードされる場合は出来るだけ早めの登録をお願いいたします。

ご提出いただく発表データ

発表時間 1演題につき5分
提出いただくデータ形式 動画形式(mp4/mov/wmv/avi)PowerPointファイルはアップロードできませんのでご注意ください。
提出時に登録できる容量 1GBまで
動画の作成方法 上記ファイル形式であれば、特に規定はございません。Zoom等で発表を録画してもPowerPointやKeynoteで動画を作成してもどちらでも問題ありません。

倫理面の配慮

発表データの「方法」など、適切な箇所に倫理審査承認済であることを明示してください。

利益相反(conflict of interest:COI)の開示について

本学会の事業活動として実施される学術集会や刊行物などで発表される研究には、新規の医薬品、医療機器、医療技術を評価・検証する臨床研究あるいは産学連携による研究・開発が含まれる場合があります。産学連携による障害者歯科学に関する基礎研究・臨床研究(以下「障害者歯科学研究」という。)において、利益相反が生じることがあります。本学会は、倫理性や専門性が担保された障害者歯科学研究を推奨するものでありますが、本学会会員のさまざまな研究活動において利益相反状態(以下「COI状態」という。)が生じることは避けられないことがあります。COI状態が深刻な場合は、研究方法、データ解析、結果の解釈などにおいて当該研究活動の正当性が歪められることが懸念されます。一方、適切な研究成果であるにもかかわらず、COI状態が開示されていない場合、公正な評価がなされないことも起こり得ます。そのために学術大会での発表等において、COI状態を開示することが強く求められています。

発表時のCOI開示方法について

発表スライドの2枚目(1枚目のタイトルスライドの次)にCOI状態を開示して下さい。
COIスライド(様式2)は、下記よりご取得ください。

開示用スライド例(学会ホームページ)

PowerPoint 動画作成マニュアル

発表データ提出方法

発表データの提出方法については、登録期間が近づきましたら改めてご案内いたします。

お問い合わせ先

第39回日本障害者歯科学会総会および学術大会 運営事務局
(株)JTBコミュニケーションデザイン 事業共創部内
E-mail:jsdh39@jtbcom.co.jp
※感染症拡大防止の観点から、運営事務局はテレワークを実施しております。
E-mailでお問い合わせにご協力をお願いいたします。